免震マンション【ユーカリが丘 スカイプラザ・ミライアタワー】TOP > 地盤・構造・品質
QUALITY
世代が変わっても、安心・安全・快適がずっと続く住まいを目指して。

“100年暮らせる住まい”をテーマに、安心・安全、環境への配慮、快適さなど、これからの住まいにあるべき様々な設備・機能を揃えたミライアタワー。住み始めたその日から、数十年後、そして世代を超えてもずっと変わらずに暮らしやすい住まいを創り上げていきます。

構造
毎日も、万が一も、ずっと安心できる暮らしを。
水セメント比45%以下

コンクリートに含まれる水の量が多いと、コンクリートの中性化の進行や躯体中の鉄筋腐食が懸念されます。そこで、ミライアタワーでは、セメント量を一般的なマンションより増加させ、水セメント比を45%以下と高密度に設定。強固なコンクリートを用いて劣化防止対策を講じています。(店舗棟・杭・付属施設等を除く)

水セメント比45%以下
水セメント比45%以下
耐震ドア

地震などの揺れによって玄関ドア枠が変形した場合でも、ドアが開き避難経路を確保できるよう、ドアとドア枠の間に適度な隙間を設けた「対震ドア枠」を採用しています。
※JISに規定された変型量の範囲で対応しています。

耐震ドア
100年コンクリート

建物の耐久性に関わる基本構造の柱・梁などには、およそ100年にわたり構造体の大規模な補修を必要としないと言われている「100年コンクリート(設計基準強度:約30〜80N/mm2)」を採用。世代を越えて暮らし続けられる強固な構造を構築しています。
(店舗棟・杭・付属施設等を除く)

100年コンクリート
SI構造(スケルトン・インフィル)

SIとは、柱や梁などの構造体(スケルトン)と、間仕切り壁やドアなどの建具類・設備(インフィル)を分離して住まいをつくる工法のこと。高耐久の構造体と耐久年数の異なる設備・内装を明確に分離することで、維持管理や更新性を向上させるとともに、ライフスタイルに合わせた自由度の高いリフォームが可能となります。

SI構造(スケルトン・インフィル)
溶接閉鎖型せん断補強筋

□型の鉄筋が溶接により閉鎖形状となっていることで、フック付き形状の帯筋と比べ、柱主筋をしっかり拘束します。(店舗棟・杭・付属施設等を除く)

接閉鎖型せん断補強筋
高耐火コンクリート

コンクリートの強度を高めるためにセメント内の水分量を抑えると、火災時にコンクリート部材の表層が剥離・飛散する可能性が高まります。
その防止策として、設計基準強度が80N/mm2のコンクリートについては、清水建設が特許を取得した「高耐火コンクリート」を採用しています。

高耐火コンクリート
ボイドスラブ工法

住戸の床に「ボイドスラブ工法(スラブ厚約300mm)」を採用。一般的な工法の床に比べて、長いスパンの大型スラブを構築できるため、梁のないすっきりとした整形空間を生み出すことができます。(一部除く)

ボイドスラブ工法
千葉県“初”の「長期優良住宅認定マンション」

様々な基準をもとに、耐久性に優れ、長期的に安心して暮らせる住まいを国土交通省が認定する新しい法律「長期優良住宅認定制度」が2009年6月より施行されました。「ユーカリが丘 スカイプラザ・ミライアタワー」は、そんな国が定めた厳しい基準を満たした住まいとして、千葉県で初めて「長期優良住宅」に認定されたマンションです。※(有)MRC調べ

住宅性能評価書

「ユーカリが丘 スカイプラザ・ミライアタワー」では、住宅の品質確保の促進などに関する法律(住宅品質法)」に基づいた「住宅性能表示制度」による性能評価を受けています。

住宅性能評価書

千葉県“初”の「長期優良住宅」認定マンション特集

※掲載の概念図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際のものとは多少異なります。また、構造写真の一部はイメージとなります。
※1(有)MRC調べ

PAGE TOP